藤沢涼×高嶋美里!普通の人が1億円作る為の設計図 無料プレゼント!

ミニバントップレベルの実力....ホンダフリードの燃費を徹底調査!

ニュース

ミニバントップレベルの実力....ホンダフリードの燃費を徹底調査!
誰でも簡単に無料で作れる 稼げるブログ Dreamers!

燃費にどう影響する?ハイブリッドや4WD、その違いは?

ホンダが開発・販売しているフリードは、3列シートと両側スライドドアを持つ、5ナンバーサイズのコンパクトミニバンです。現行モデルは2016年9月に登場した2代目で、「いつでも」「どこでも」「誰でも」用途に合わせて自由自在に使えるミニバンとして開発されました。先代モデルのコンセプト(7days Wonderful Mobility)を引き継ぎ、ホンダの底床・低重心技術やフィット等で培ったコンパクトのノウハウを凝縮、使いやすいサイズを追求した車です。先代モデルより全長を50mm延ばし室内空間を拡大。自律自動ブレーキなどの安全装備も採用されています。

そんなフリードの魅力は、何と言ってもミニバントップレベルの低燃費です。パワートレーンはCVTと組み合わせる1.5Lガソリンと、ハイブリッド(i-DCD)の2タイプ。新型フリードに搭載されている1.5Lガソリンエンジンは、動力性能と燃費を向上させる直噴を採用しています。ハイブリッドは、ホンダのフィットやシャトルと共通のポート噴射を使い、アトキンソンサイクル化した1.5Lガソリンエンジンとモーターを、DCT(デュアルクラッチトランスミッション)を介して駆動するi-DCDを搭載。これにより、ハイブリッド車の燃費は27.2km/L、ガソリン車(FF)は19.0km/L(いずれもJC08モード)を実現しています。また、ハイブリッドタイプはエコカー減税により、4WDを含めた全グレードとも取得税・重量税の免税対象となっている点もポイントです。

FFモデルと4WDモデル、燃費や価格の違いは?

フリードの駆動方式はFFと4WDですが、燃費や走行性能の違いなどは購入する前にぜひ知っておきたいものです。雪国に住んで居る人なら、やはり4WDはまず候補にあがると思います。しかし、一般的に4WDはFFに比べると価格が高くなる、燃費が悪くなるといったデメリットがあるため、購入費用もランニングコストもかさんでしまう可能性が高いです。では、フリードのFFと4WDの燃費を比較してみましょう。

フリード4WD(6人乗り)では、16.4〜17.6km/L(JC08モード)、実燃費は16.26km。FF(7人乗り)では、19.0km/L(JC08モード)、実燃費は14.44km/Lとなっています。実燃費で見ると約2km/Lの差が出ていますが、この差は道路の状況や天候、運転のしかたなどによっても変わってくるので、単純に比較することはできません。あくまでも参考にしてもらえればと思います。

なお、フリードの4WDは、リアルタイム4WDと呼ばれるもので、普段は省エネのためにFFで走行し、例えば発進時や荒れた路面、スリップしやすい路面などの4WDのパワーが必要な時に瞬時に切り替わることにより、悪路でも一般道でも高い走破性を発揮。雪道であっても、坂道発進が楽に行えると言われています。ただし、電子制御のフルタイム4WDは、高い走破性と引き換えにパワーを出しているため、燃費向上の逆を行くシステムと言えます。結果的に、燃費を向上させるのはなかなか難しいようです。

また、価格についても見てみましょう。型式・モデルによっても違いますが、大体20万円ほど4WDのほうが高くなっています。20万円の差は、少々割高に感じる人も多いと思いますが、それぞれの車の使用条件やニーズに応じて、FFか4WDかを選ぶとよいでしょう。

価格差47万円?ハイブリッドとガソリン、どちらを選ぶ?

フリードの購入を考えている人にとっては、ガソリン車にするかハイブリッド車にするか、悩むところだと思います。とにかく燃費がよい車に乗りたいなら、JC08モードで27.2km/Lという低燃費が魅力のハイブリッドでしょう。

ただし、あまり普段から車を使わない人、それほど長い距離を走らない人の場合は、単純に燃費だけを比較して迷っているなら、ガソリン車がお勧めです。確かに燃費だけを見れば圧倒的にハイブリッドに軍配が上がりますが、実燃費となるとその差は5km/L程度。また、燃費だけではなく、購入価格にも目を向けたいものです。ガソリン車のフリードGが174万円なのに対し、フリードハイブリッドXでは221万円。実に47万円もの差があります。燃費の低さを考えても、この差は大きな負担になりかねません。フリードならコンパクトであるが故に、ガソリン車でも十分な燃費性能を発揮してくれます。

つまり、普通の使い方をするなら、高い金額を払ってハイブリッドに乗るメリットはそれほど大きいとは言えません。ハイブリッドを選ぶと燃費はよいのですが、本体車両価格が高いので、普段使いではガソリン代では元が取れないということを考えると、普段使いをメインで選ぶのであればガソリン車の方を筆者はお勧めしたいですね。

まとめ

フリードは、ハイブリッドにしても、ガソリンにしても、同クラスの車種の中では、ダントツの低燃費が魅力です。どちらを選ぶかは、日々の乗り方、使い方によるので、自分の乗り方・使用状況をよく検討して選ぶとよいでしょう。
(マジョリティ)

出典元:e燃費(2017年8月20日時点、直近90日間のデータ集計値)
URL:https://e-nenpi.com/enenpi/carname/255
   https://e-nenpi.com/enenpi/carname/1595

出典 http://autos.goo.ne.jp

Dreamers!でお小遣い稼ごう 今すぐ無料登録
1
キュレーションサイトが無料で作れる!今すぐDreamersを始めよう

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

カテゴリー

タグ

月別アーカイブ

Dreamers!でお小遣い稼ごう 今すぐ無料登録