5つ星ホテルが2つ星の価格で!?高級旅行が世界最安値保証で楽しめる会員制旅行クラブ

ホンダN-ONEってどんな車?

ニュース

ホンダN-ONEってどんな車?
世界中の高級リゾートホテルを無料で利用できる、秘密の方法を見る。

Nシリーズの第3弾となる軽自動車です。モチーフとなっているのは、1970年代に販売されていた「N360」。クラシカルで上質さの溢れる、軽自動車を超えたセンスと高い質感が特徴です。

2012年に発売開始されたN-ONEは、「N BOX」「N BOX+(エヌボックスプラス)」に続く、Nシリーズの第3弾となる軽自動車です。モチーフとなっているのは、1970年代に販売されていた「N360」。クラシカルで上質さの溢れる、軽自動車を超えたセンスと高い質感が特徴です。N-ONEのラインナップは、スタンダードモデルの「G」、メッキパーツでドレスアップされた「プレミアム」の2タイプが用意されています。また、車高が低く、スポーティな雰囲気の「LOWDOWN」仕様も選択肢の一つです。インテリアも細部まで素材の質感にこだわり、快適さと安心感を追求した大型ベンチシートを採用。長く乗っても飽きのこない、心地よい室内空間を演出しています。フラットですっきりした印象のディスプレイオーディオを採用しており、ホンダ純正のナビアプリ「インターナビポケット」を起動したスマートフォンを接続すると、ナビ画面をディスプレイに表示させることが可能です(オプションになります)。

また、パワーと低燃費を高い次元で両立させた水冷直列3気筒DOHCエンジンと、CVT(無段変速オートマチック)を組み合わせることにより、なめらかで力強い走りと優れた燃費性能を実現しています。さらに、VSA(車両挙動安定化制御システム)と、坂道発進時の後退を抑制する、HSA(ヒルスタートアシスト機能)を全タイプに標準装備しており、安全性能の高さでも優れています。

ターボエンジン仕様車の加速性能を試乗体験

加速性能の向上、軽量と高剛性を両立したボディ、そして、専用サスペンションを採用することにより、高速道路でも安定した走行性能、静粛性を備えているのが、N-ONEならではの魅力。さらに軽自動車として初となる(ホンダ調べによる)エマージェンシーストップシグナルを全タイプに標準装備しています。そんな中でも、ホンダがレースで培ってきたハイテク技術を搭載したターボエンジン仕様車は、軽自動車ながら、1.3Lクラスの普通車並みの加速性能を持つ優秀なエンジンを搭載しています。今回、そのターボ車の走りの特徴を体感してみようと試乗をしてきました。

(64832)
via autos.goo.ne.jp

走り出しての第一印象は、ほとんど走る際にストレスを感じないということ。出足もスムーズで、CVT(無段変速オートマチック)でスーッとスピードに乗せてくれます。よく「軽自動車で高速道路を走るのは厳しい」という意見を耳にするので、高速にも乗ってみましたが、これがなかなか素晴らしい!エンジン音もすこぶる静かだし、実用域の120kmぐらいなら余裕で走ることができました。今まで乗ったことがある、他社の軽ターボは、高速道路ではいっぱいいっぱいな感じで余裕がなく、エンジン音のうるささも気になり、運転を楽しむところまでいかなかったのですが、N-ONEはまったく問題ありません。N-ONEターボの実力、底力は、侮れないようです。

気になる燃費は?

軽自動車のイメージを覆す優れた走行性能と安定性が魅力のN-ONEですが、燃費はどうなのでしょうか。N-ONEのカタログ燃費は、23.0〜28.4km/L(JC08モード)ですが、標準モデル(ノンターボ)とツアラー(ターボ車)でも、燃費は変わってきます。実際にN-ONEに乗っている人の報告を見ると、平均値は13〜18km/Lとなっています。一般的に、ストップ&ゴーが多い街中だと燃費は悪くなり、高速道路やスムーズに走れる道では燃費がよくなる傾向にあります。また、エアコンの使用状況も影響し、夏場にエアコンをガンガン使えば、その分燃費も落ちます。

N-ONEの標準モデルのカタログ燃費(JC08モード)は、28.4km/L、プレミアムツアラーモデルは、25.4km/L、プレミアムツアラーの4WDモデルで、23.0〜24.0km/Lとなっています。それぞれの実燃費はどれくらいかというと、標準モデルで18.25km/L、プレミアムで18.51km/L、プレミアムツアラーで16.22km/Lという数値が出ています。ツアラーモデルはターボエンジン搭載なので、燃費の面では少々劣ってしまいますが、その分パワーがあるので、出足、坂道での走行性は格段によくなります。燃費性能を第一に選ぶなら、ノンターボの標準モデル、パワーや安定性を求めるなら、ターボエンジン搭載車を選択するとよいと思います。

まとめ

ホンダのN-ONEは、軽自動車に必要とされている基本性能を高いレベルで実現していることはもちろんですが、ハイセンスで質感のある、デザイン性の高いボディも魅力的です。まさに、「スモールカーのお手本」と言ってよいでしょう。車に求められるさまざまな性能を不足なく備えているだけではなく、グッドルッキングであることも、この車らしい特徴です。所有する喜びと走らせる楽しさ、高揚感は、他の軽自動車にはない魅力と言えるでしょう。
(マジョリティ)

出典元:e燃費(2017年6月1日時点、直近90日間のデータ集計値)
URL:https://e-nenpi.com/enenpi/carname/1709

出典 http://autos.goo.ne.jp

次世代型キュレーションブログ!DREAMERS!無料作成はコチラ
1
キュレーションサイトが無料で作れる!今すぐDreamersを始めよう

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

カテゴリー

タグ

月別アーカイブ

旅行が仕事!!世界中を無料で旅しながら収入がどんどん増えていく 2018年日本上陸